ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ

神恵内村郷土資料館

郷土資料館

 
昭和62年4月28日、オープン。
ニシン漁場の番屋(ニシン御殿)をイメージし、施設内部には、先史から現在に至るまでの歴史的文化遺産等を約400点あまり展示しています。

展示室は、次の9コーナーにより構成され、郷土神恵内の生活、文化の歴史、ニシン漁等の紹介をしています。
  1. 私たちの村、神恵内
    神恵内村の自然、地勢、気候、歴史、動植物等の説明
  2. カモエナイのあけぼの
    観音洞くつの再現・発掘物の展示
  3. 場所のはじまり
     古宇場所の設定から漁業開発の姿を古文書、写真等で説明
  4. ニシン漁のあゆみ
    • ニシン漁場のジオラマ展示
    • 袋澗(ニシンを貯蔵する澗)の紹介
    • 漁具、漁法、漁獲量の変遷、船での生活用具の紹介
    • ヤン衆の仕事や生活状況を紹介
  5. 生活のあゆみ
    現在に至るまでの生活用具類の展示
  6. 映像コーナー
     映像で見る神恵内のあゆみ  ~写真による神恵内の歴史~
  7. 行政のあゆみ
    藩政、幕政時代、戸長時代、二級町村時代、現在と5つの時代に分けた行政の紹介
  8. 文化遺産
    川白神楽の人体レプリカ、写真、音声による紹介
  9. 新しい神恵内
    観光、育てる漁業等を写真等で紹介
    郷土資料館の概要
    電話 0135-76-5148(青少年旅行村管理棟 呼び出し)
    0135-76-5011(神恵内村教育委員会 休館時)
    開館時間 午前10時~午後4時(開館期間 5月1日~9月中旬)
    休館日 開館期間中は、無休
    9月中旬~4月30日(閉館)
    その他、臨時で休館する場合がございます。
    入館料 村外の方は、青少年旅行村入村料(高校生以下300円・一般500円)が
    かかります。
    3歳以下は無料です。
    備考 その他、詳しくは神恵内村教育委員会までお問い合わせください。

ここからサブメニュー

郷土資料館

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー