ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ

平成29年 春の全道火災予防運動が実施されます【終了しました】

平成29年 春の全道火災予防運動が実施されます

 日差しが強まり、雪解けも進みだんだんと春を感じる季節になってきました。
この時期は、空気が乾燥し火災が起きやすくなります。これに合わせ消防で毎年2回、春秋に火災予防運動を実施しています。
 火災発生件数の中で建物火災、特に住宅火災の占める割合が非常に高くなっています。少しの油断が大きな火災を招き、財産の消失や命を危険に晒すことになります。一人一人が防火に対する意識を高め、火災が発生しない環境作りをしていきましょう。
 

実施期間

平成29年4月20日(木)~平成29年4月30日(日)

全国統一防火標語

消しましょう その火その時 その場所で

重点目標

  1. 住宅防火対策の推進
  2. 乾燥時及び強風時火災発生防止対策の推進
  3. 放火火災防止対策の推進
  4. 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
  5. 製品火災の発生防止に向けた取組の推進
  6. 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底
  7. 林野火災予防対策の推進

住宅用火災警報器

 住宅用火災警報器(以下、住警器)は設置していますでしょうか。消防法の改正により平成23年
6月1日から、全住宅への設置が義務となっております。当ホームページの「暮らしの情報、消防、生活安心情報、住警器の大事なお知らせ」に基本的な設置場所が掲載してありますので、参考にしてください。市町村によって設置場所が異なる場合があるため、詳しくは管轄の消防署へお問い合わせください。
 また、経年劣化した(おおむね10年以上)住警器は、火災を正常に検知しなくなる恐れがありますので、新しいものと交換するようお願いします。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー